この世は「自分か、自分以外か」で出来ている。

誰かの存在があって自分を初めて認識出来る。

誰かのお陰で僕らは自分であれる。

 

その自分以外はコントロール出来ない。

コントロール出来るのは自分だけ。

そのコントロール出来ない自分以外に対して「言い方を直して欲しい」とか「もっとこうして欲しい」とか「何回言ったら分かるの」とストレスを感じさせられている。

自分がコントロール出来ない世界によって、感情が操られている・・・

 

感情がコントロール出来るのは自分だけ。

相手によってではない。

自分の感情がたまたま相手の感情と一致した時、笑顔になれたり、優しくなれたり、愛してあげれたり出来る。

自分がイライラしている時は・・・?

 

自分がイライラしている時は、相手から優しくされても素直に受け入れてあげれない。

仮にその時、受け入れてあげれるとしたら、それは自分の状態を自分で変えたから。

 

言っている意味、分かる??

 

相手を僕らは変えようとしてしまう。

もっと優しい言い方をして欲しかったり、言わなくても氣づいて欲しかったり・・・

 

相手には相手の思いや感情がある。

相手が「今」何を思い、何を考えているか、何に囚われているか?は分からない。が、こちらの心には気づいて欲しいと思っている。

 

無理。

 

コントロール出来るのは自分だけ。

自分以外はコントロール出来ない。

そのコントロール出来ない事を僕らは考え、行い、ストレスを感じさせられている。

 

コントロール出来ない事は考えても無駄。

コントロール出来る部分をコントロールする。

つ・ま・り、自分。

 

自分が「今」どう思っているのか?どう感じているのか?それがネガティブならポジティブに変える。
自分の感情を自分でコントロールする。

練習しないと難しいけど。

 

自分以外はコントロール出来ない。

そんなところに囚われていてはいけない。

 

コントロール出来るのは自分だけ。

そこに氣づいて、自分の感情を自分でコントロールする。

練習。