お化けと言う存在を肯定も否定も出来ない。

しかし、魂と言う世界は存在する。

存在しなければ【個】と言う概念が崩れる。

 

魂とは全体であり、魂を切り分けたのが『個』と言う生命。

神道ではそれを『分霊(わけみたま)』と言う。

 

魂(靈)と言う世界があり、その魂(靈)と言う世界のどこを切り取ったか?で、その人の個性が生れる。

魂(靈)の世界は広く、濃い部分、薄い部分、低い部分、高い部分などが存在する。

そう、煙の様に・・・

 

煙と言うモノに、「良い煙」、「悪い煙」と言うのが無い様に、煙は煙でしかない。

たまたま「匂いだけの煙」、「煙たく前の見えない煙」、「そう言えば煙たい気がする煙」などが存在するだけ。

煙は煙。

 

魂(靈)の世界も同じ。

全体があり、薄い・濃い・高い・低いなどがあるだけ。

良い悪いなど無い。

 

そのある部分が切り取られ、肉体と言う物質に入って行った時、『個』と言う概念が生れる。

「私」と「私以外」の「モノ」。

 

「私」と類似性を持った魂(靈)は同じ(似た)周波数(波)を放っているので、自然と引き寄せられる。

その中でもより強い波とが近づく。

 

運命の人(モノ)は必ず存在する。

出逢うべくして出会える。

出逢わないのは、波を探そうとしていないか?出逢っていても目移りしている。

 

同じ波は好きとか愛とかではなく、【一緒】。

別段、会話がなくとも普通で、思考が同じで、行動も同じ。

それをつまらないと感じるのは、余計な概念(創り上げられたモノ)によって勘違いを起こしている。

 

まぁその勘違いから魂(靈)は、『個』=『肉体を持とう』とソレを選んだ。

なのであながち間違いではない。

色んな事を選択したくて、身を以て体感したくてこの世に生れ出でた。

 

なかなか運命の人と出逢えないと思っている人は、普通で居れる人こそその人であると知ると面白いだろう。