私達は観えてる世界を意識します。

しかし、私達を構成しているのは圧倒的に観えてない世界です・・・

 

一番分かりやすいのが、ご先祖様。

ご先祖様は観えません。

しかし、私を構成できたのはご先祖様が居たお陰です。

観えない世界が今を造って下さったのです。

 

内臓も観えません。

しかし、内臓が働いてくれてるお陰で身体は機能してくれます。

お肌を造ってくれているのも食べた物です。

それを肌まで運んでくれたのは血液。

血も体外に出ない限り観えません。

 

私達は毎朝、鏡を観ます。

そうして身なりを綺麗にします。

しかしそれは観えている所だけです。

お尻は観ません。

背中を観ません。

耳の後ろを観ません・・・

 

観えない所を他人は観ています。

と言うか、目に入るのは全身です。

私が観えてない部分を他人様は観ています。

圧倒的に自分が認知出来ていない自分を他人は観ています。

 

その自分が認知出来ていない自分を意識する。

ここは重要です。

 

観えている所さえも氣にしない人がいます。

例えば、お腹・・・

 

分かっていてもどうしようもない・・・と、服で胡麻化す。

当然、誤魔化せません。

全部、観えてます。見せてます・・・

 

観えない、観ていないだろうと自分が勝手に思い込んでいるだけで、世間は観ています。

自分事としてこれを読むと不快に思うかもしれません。が、他人の事はそう観てないですか?

その人の観えてない所をあなたは観てるでしょ??

他人が隠そうとしている所に氣づいてるでしょ??

 

観えちゃうんです。

隠そうとしても・・・

意識出来ていない所は観えちゃうんです・・・

 

自分が意識してない所も意識してみる。

そうすると全てが良く魅せれます。

 

どう見せるか?は、結局、自分が意識出来ない所をどう意識するか?です。

観えている所だけに意識を向けない様に。

観えない世界の方が重要です。