受け取り方は人ぞれぞれ違う。

 

その人の中に『有るモノ』で世界を観るので、『無いモノ』は見えない。

『有るモノ』でしか世界は見えない。

 

見えなかった世界は、『有るモノ』の世界から出た瞬間から観える。

『無いモノ』を増やそうとしても、『無いモノ』は観えないので探しても”無い”。

なので見つからないし、そもそも氣づけない。

 

と言う事は、『有るモノ』の世界から出た方が早い。

すると『無いモノ』が見つかる。

 

流行りの食べ物でも、服でも、車でも、スマホでも・・・

流行ると見えてくる。

『あっ!あの人も持ってる!』

『同じ服装だ!!』

流行りは強制的にマスコミやマーケッターが広めるので、見えないかった世界を観える化してくれるから、僕らの脳に残る(有りになる)

脳に残る(有り)になるから、もうそれが見えるようになる。

今までもずっと有ったのに(笑)

 

誰かに教えられれば当然、現れる。が、それは結局、誰かの力を借りない限り、自分の成長はない。

操られる可能性の方が高い。

 

なので自分で見つけないといけない。

けど、見つけようとしても、『無いモノ』は観えない(笑)

 

『有るモノ』とは先入観であり、自分の中での興味や価値観や体験した事。

それらが向かない(無い)モノは、目が向かない。

目が向かないから、真横に有っても氣づけない。

故に、『有るモノ』の系から出ない限り、絶対に見えない。

 

世界を広げる為には、その世界から出ないといけない。

出た瞬間から、世界は無限だと氣づく。

 

その無限の世界とは、自然。

自然とは、川であり、石であり、山であり、動物であり、魚であり、昆虫であり、空であり、雲であり、雷であり、星であり、宇宙であり、人である・・・

その然からかれた存在。

 

世界とは、自分だと氣づく。