『力を抜く』

とても簡単な事だが、意識出来ない所は抜き方が分からない。

僕らは日常生活を送っているとその生活スタイルで筋肉は慣れ、それに適合する様になっている。

なので、そのスタイル(適合)から外れると、リラックス出来ない。

 

現代病として『自律神経失調症』、『パニック障害』、『うつ病』・・・などがあり、最悪、自〇などが起こるが、これらもスタイルに合ったモードに身体がなってしまうと外れる事が難しくなった結果。

リラックスとは一見、出来て当たり前な感じだが、意外と難しい。

 

良い例えをする。

背中に手を当てて欲しい。

手のひらでも、手の甲でもどちらでも構わない。

当てた背中を二の腕の様にポニョポニョに出来ますか??

リラックスさせて力が抜けますか??

 

殆どの人が立つ・座る・動くと言う習慣で背中を固めると言う事をしてるので、背中はずっと力が入りぱなし。

抜き方が分からなくなってます。

出来る人は少し緩めれますが、多くが意識を向けられません。

 

背骨には自律神経(交感神経)があるので、背中が硬い状態、つまり、リラックス出来なければ、自律神経に不調・不具合を生じさせます。

これが自律神経失調症やパニック障害、うつ病の原因へとなって行くのです。

 

リラックスの方法を身に付け、自身をコントロール出来る様にする事は、未病、未症状へと繋がり、元気で活動的な己へとなれます。

どうかその方法を知って欲しいです。