やって来られたクライアントは島根から。

島根からって言っても、常連さんなので特別な訳ではないです。

 

で、今回の症状。

『fracture of the Coccyx』= 尾骨骨折

 

そもそも、Coccyx=尾骨は触る事がほぼないし、それのfracture=骨折となると、病院でも湿布治療か電気治療くらいしかない。

うちにも過去、尾骨骨折に対する後療依頼は何度かある。

 

骨折の治癒過程とは、血液が患部を包み込み、骨芽細胞が骨形成を行い、カルシウムなどが付着し硬くなり、最終的に綺麗に形成され治って行く。

 

結局は、血を集めないといけないのと、骨にも刺激が入らないと活性化しない。

しかし、あまり集まり過ぎると炎症症状により痛みを伴うし、骨刺激は強すぎると骨膜が動くので激痛となる。

その辺は計算して治療を進めていかないといけない。

 

手技療法では、振戦は最も効果的だと考える。

あと、殿筋トレーニング。

 

大殿筋などの筋肉は仙骨から尾骨にかけ起始部を持つため、殿筋が作用すれば必然的に骨刺激が入る。

当然、痛ければその動きは制限しなければならないが、痛みの起こらない範囲であれば殿筋は動かした方がイイ。

 

あとはテラヘルツ。

これもほぼ触れないエリアには効果的だと考える。

 

まぁ尾骨の場合、座ったり寝返りした時に当たるので、当たらない様な対策も日常的に必要ですね。