自律神経系問題の原因と考えるのが

・エネルギーの停滞

・エネルギーの過剰

・浮腫み

・酷い歪み

があると考えます。

 

エネルギー停滞の中には、寝不足、猛烈な疲労(精神的・肉体的)などが含まれます。

エネルギーの過剰の中には、精神的ストレス、肉体興奮などが入ります。

浮腫みの中には、偏食、薬、アルコール、運動不足などが含まれます。

当然、これらが単体の場合もありますが、複数絡んでいる場合の方が多いです。

 

症状としてよく聞くのが、

耳鳴り

動悸

息切れ(呼吸が辛い)

頭痛

肩こり

めまい

パニック発作

喉の渇き

手の震え

氣分の落ち込み

多汗(手汗・脇汗)

極度の末端冷え

腹痛(停滞感)

食欲不振(嘔吐・過食の場合もあり)

体調不良(虚脱感)

などです。

 

多くの場合、複数の医療機関に通われ、酷い場合は複数の薬を服用されてます…

 

で、大体、触るとどのタイプか?分かります。

そうして、それぞれのタイプで対処法は異なりますが、長期間の薬の服用(精神安定剤が主)が無ければ数回で結果は見えると思います。

 

何回で治るとか、これくらい通院して下さいなどは言いません。

が、おおよそ3回を目安に結果が出てる様なら「続けましょうか」と伝えます。

終わり時はこちらの判断ではありません。

クライアントに決めてもらいます。

しかし、症状が軽減もしくは、ほぼ出なくなったとしても、定期的な身体のケア(チェック)として通院(月一回ないし、数ヶ月に一度)してた方が良いと思います。

 

施術は整体の場合もありますが(歪みがひどい時)、殆どがクラニオセイクラム(頭蓋仙骨療法)です。

人によっては、一回目の治療の最中に、何かしら効果に氣づかれます。

最初の3回はあまり期間を開けない方が良いと思います(1ヶ月以内に続ける)

その後の通院頻度は、クライアントが感じた効果によって決めて頂いてます。

 

私個人的には多くの方を診させて頂いてるので、ひと味違った説明が出来ると思います。

 

相談してみて下さいね。