トレーニングをしていて、筋肉が付きやすい体質と、付きにくい体質の人がいます。

 

ちなみに私はちなみに、後者です。

 

トレーニング量が足りない。

タンパク質量が少ない。

負荷が軽い。

習慣化していない・・・

 

様々な要因がありますが、治療家として観た時に、言える事。

 

それは、絶対的酸素摂取量が足りない。です。

 

絶対的酸素摂取量とは、そもそも論ですが、私たちが何故、呼吸をしているか?です。

 

それは炭素を体内から排泄させるためです。

 

炭素とは、硬い物質の代表です。

 

つまり、体内に溜まると身体が硬くなるって事を意味します。

 

なので酸素と結合させて、排泄させる必要があるのです。

 

 

もう一つ。

水素を排泄させなければなりません。

 

水素とは、健康に良さそうなイメージがありますね。

しかし、水素が溜まると酸性となります。

 

酸性の代表に、硫酸や塩酸などがありますね。

これらに手を突っ込んだらどうなりそうですか?

 

誰しも『溶けそう』とイメージ出来ますね。

 

そう!水素が溜まると身体が溶けるのです!!

 

なので、酸素と結合させて排泄しなければならないのです。

 

筋肉が付きにくい人は、筋肉が溶けている可能性があります。

つまり、酸素摂取量が足りないって事。

 

トレーニングをしても、一瞬は付きますが、水素によって折角ついた筋肉が溶けてしまうのです。

 

しっかり『はぁはぁ』しなければならないって事です。

 

有酸素運動が必要なのは、こうした理由です。

 

筋肉を付けたければ、しっかりと呼吸しましょう!!