師父のセミナーに参加して気づいた事。

 

それは、人間には幾つかのカテゴリーに分けられるって事。

先ず第一に、凄い尊敬される層

次に、自分が楽しむ層

そうして、畏れを感じている層

 

パレードの法則と言うのがある。

商品購入100%の内、20%の人が上顧客で、圧倒的大多数80%が一見さんや顧客と言われる層で、売り上げの80%を占めているのは上顧客と言う法則。

 

この法則は私が見つけた上記の三種類のカテゴリーにも当てはまる。

畏れを感じている人の層が約20%いて、

自分が楽しむ層が60%いて、

周りから尊敬される層が20%いる。

 

尊敬される20%の人と言うのは、自分も楽しむけど、周りにも楽しさを提供出来る!

周りに楽しさに気づかせてあげられる!!

だから皆が楽しめ、そう導いてくれる人を必然的に尊敬する。

 

何代にも渡り続く会社や商店などの経営者は、こうした能力を兼ね備えた人なんだと気づかされた。

 

 

そうして、圧倒的に多い、自分が楽しむ層。

ここは全体の60%が占めており、自分の凄さを見せつけたり、自分さえ楽しめれば! 上手に出来れば!!と言う意識が強い。

なので、企業やお店で言えば、凄い営業成績を残せるけど、それは誰にも真似できない存在で、個人能力は高いけど、誰にもその能力を提供出来ないので、自己満の世界となる・・・

この層が最も多く、私もこの層にいた・・・

 

 

畏れを感じている層は、未経験者であったり、まだ自信が無いせい。

経験を積めば畏れもなくなるし、ここの層は直ぐ上の層、自分が楽しむ層にはすぐに行ける。

 

 

しかし、最上位20%の尊敬される層に行くためには、『我』を捨て『徳』に生きなければ辿り着けない!

自分の事よりも、自分が好きになった事、自分が楽しめている事を一緒に共有出来る・させる能力を兼ね備えていなければならない!!

 

ここに辿り着けるには、普段からの『あり方』が非常に大切で、普段からの積み重ねが無いと、60%(80%)の自分が楽しむ層で終わる・・・

(世の圧倒的大多数がこのポジションだと言う事を知って欲しい)

 

 

これに気づいた時、私は最上位の尊敬されるポジションでいたいと思った。

 

 

自分が楽しむ事。

加えて、周りにもその楽しさを提供する。

そうありたい。