慢性痛で悩まれてる人は多い。

その慢性痛でも、明らかに「コリでは無い硬さ」で悩まれてる方がおられます。

これは人数としてはあまり多くは無いですが、パニック障害などを抱えてる方にも見受けられます。

ちなみにこの硬さの方は、こちらが治療して「やってやった!」感がありません。
むしろ、惨敗感しかないです…

それくらい何をやっても変化が出ず、ご本人の訴えを変えてあげれません…

ちなみにこのタイプで私が考える原因(要素)は、「最強のストレス」

ちょっとやそっとのストレス、環境を変えたら解決する様なストレスでは、多分、ないです。

その最強ストレスが中枢神経を興奮させ続け、中枢が興奮してるもんだから、末梢は常に影響されっぱなし…だと考えます。

そうしてそれが、フィジカルタイプか?マインドタイプか?に分かれており、フィジカルタイプは酷い慢性痛に、マインドタイプは精神的疾患になってると考えます。

なので整体やマッサージ、鍼や薬を飲んでも変化しないんだと思います。

この状態の方へのアプローチは、とにかく刺激が強ければ良いではなく、身体と心への同調。

同調刺激を入れ続ける。

それだけで随分と変化します。

しかし、同調刺激はこちらの勝手な思いで刺激を調整すると、変化が出なくなります。

難しいのは、ココ。

ストレスの原因は、「今」ではなく、『過去の“それ”の背景』です。
多分、本人は分かってます。
しかし、そこをあえて見ないようにしてるか?仮に見てても背景に氣づいてないか?です。

過去の“それ”の背景が取り去れれば、おそらく一瞬で無くなります。