人は細胞で出来ています。

細胞は、タンパク質や脂質から出来ています。

タンパク質は、アミノ酸から出来ています。

アミノ酸は、炭素、水素、窒素、酸素から出来ています。

炭素などは、分子であり、原子から出来ています。

原子は、原子核と電子で出来ています。

原子核は、陽子と中性子で出来ています。

陽子は、クオークで出来ています。

クオークは、素粒子で出来ています。

素粒子は、波で出来ています…

 

こうして考えると、物質(空気も含む)は全て原子から出来ているので、波から出来ているとも言えます。

 

全て「波」

「波」は特有の波であり、【周波数】です。

 

特有の【周波数】が特有の形を形成します。

スピーカーに塩を撒いて、音を出すと、その音の波により波形が出来ますね。

アレです。

 

波は様々ありますが、同じ周波数は基本、同じ形を形成します。

そうして、同じ形は同じ周波数を放っているので、同じ形と共鳴し、引き合います。

 

これが陽子となり、原子核となり、原子となり、分子となり、炭素となり、アミノ酸となり、タンパク質となり、細胞となり、人になるんです。

 

私達は【波】で出来ており、この姿は【波】の波紋の結果です。

 

波とは、エネルギーです。

エネルギーが固まったモノが物質です。

物資は、エネルギーが止まったから見える様になったんです。

 

水蒸気は見えません。

水蒸気は勢いよく飛び続けています。

飛んでいるから見えません。

見えないくらい飛び回ってる、エネルギー体です。

なので見えません。

それがゆっくりになると、少しずつ見えます。

これが水です。

水はエネルギーでもかなり遅くなりましたが、それでも流れなどでモノを動かすパワーを持ちます。

故に、エネルギーが弱くはなりましたが、エネルギーはあります。

水が完全に止まると、氷となります。

氷はエネルギーを止めます。

冷凍庫などの食材は常温で放置するより長持ちしますね。

エネルギーが止まってるから、他のエネルギーも止めてしまいます。

エネルギーが止まったのが、氷です。

 

動き続けるのが、エネルギー。

エネルギーが止まったのが物質です。

 

私達はエネルギーが止まったから物質化したのです。

が、動けているので、完全に止まった訳ではありません。

 

その日が来るまで、動き続けなければいけません。