自分の行動(発言)が正しいと信じて疑わない時は、その行動が変であっても氣づけません。

しかし、他の人の行動(発言)を観た時(聴いた)時、『ハッ』とさせられる瞬間があります。

 

私達は自分がそう思っていたら、それ以外のモノは受け入れにくいです。

『自分が正しい!』

『自分は間違っていない!!』

 

他人の行動(発言)を素直に受け入れる。

それは自分に対してされている(言われている)時だけでなく、第三者にしている時などの行動(発言)も、そう。

 

【人の振り見て我が振り直せ】と言う言葉がある通り、自分をどこか第三者目線で観ないと、自分の成長とはないのでしょう。

幾ら本を読もうが、セミナーに行こうが、自分がどうなのか?それは正しいのか?を氣づけなければ、ただ知識が増えるだけで本質は変わりません。

 

人と比べる訳ではなく、自分はどうなのか?を知る。

大事だと思います。