バイオリズムは誰しもあり、調子良い時、落ちる時ってのがあります。

 

落ちた時は、
天の氣
地の氣
人の氣に触れた方がイイです。

天の氣とはつまり『太陽
地の氣とはつまり『自然
人の氣とはつまり『誰か

天と地の間にいる人は、間が開いていると不安定になります。
繋がって『間』を詰めないといけません。

天とは元々距離が空いてるので、日の日差しを浴びなければ天との距離は空きます。
外に出なければ地とも距離が空き、一人で居れば人との距離が空きます。

距離は縮めないといけません!!

自分のマインドで『私は大丈夫!』と思う事も大切ですが、それよりも知って欲しいのは【身・口・意】です。

順番が大切なんですね。

 

マインドでそう思って自分にマインドコントロールを掛けるより、【身体】で感じる方が良いです。

思考よりも、身を以てたくさんの事を知った方がイイです。

良い場に出かけて行き、感じた方がイイです。

 

太陽を浴び、日のエネルギーと近づいた方がイイです。

大地に触れ、小川のせせらぎ、草木のざわめき、花の匂いと近づいた方がイイです。

人に触れ、その人のあたたかいエネルギーに近づいた方がイイです。

 

間を詰める。

 

自分のリズムは自分ではどうにも出来ませんが、周りのリズムで良いモノに触れる事で自分の流れも変えれます。

良いなと感じるモノに触れましょう!

 

部屋に閉じこもって天の氣とも地の氣とも人の氣とも触れないから【思考】だけが膨らみ、口から出るのはネガティブとなり、身体は動きません。

順番が違うのです!!

 

それを知って下さい。