眠たくて、“こっくり・こっくり”する場面がありますね。

クライアント(ちびっ子)に頭蓋仙骨療法(クラニオセイクラム)を行なってる時に気づきました。

 

その日、ちびっ子は私の膝に座って治療を受けていました。

程なく、心地良くなったのでしょう。

頭が“こっくり・こっくり”と動きます(笑)

 

その時です!

脳脊髄液が上に上がって来た時、背筋が伸び、下がった時にふにゃっとなる!!

あの“こっくり・こっくり”は、脳脊髄液の循環(第一次呼吸リズム)なのです!!

 

おそらく、便意や陣痛などものリズムも同じなんじゃないかと思います。

 

脳脊髄液のリズム。

 

一定に整える事が人体にどれほどの影響があるか?!

皆さん、考えてみて下さい。