言葉のやり取りをしていると、『?』と違和感を感じる事があるでしょう。

聴かれた質問に、違った回答をすると質問した側は違和感を感じます。

それがあまりに多い時、相手と距離を開けたくなります・・・

 

私はどちらかと言うと、相手が違和感を感じる喋り方をしていたんだなと反省してます。

これも結局、長年の習慣で無意識なので怖いです。

 

人から距離を開けられやすいタイプの人は、こうした返事の仕方をしているのかもしれません。

ってか、多分してます・・・

 

『今日は良い天気ですね♪】

『あ~、昼から雨らしいですよ!』

 

『久しぶり!元気してた?』

『あなたは調子どうなん?』

 

『これ、美味しい♪』

『このお店、サービス良いよね♪』

 

こうした会話、思わずやってしまいます。

しかし、相手は自分が発した言葉のボールと違うボールを返されているのに氣づきますか?

 

私はやってました・・・

 

野球のボールを投げて来られてるのに、テニスボールを返している。

同じ【ボール】だから良いだろうと思っても、ボールの【種類】が違えば違和感でしかありません。

 

結構な人がこれを無意識にやってます。

投げられたボールを変えて返している・・・

返事をしないのは最強にダメですが!!

 

この変えたボールを投げ続けると相手は話すのが嫌になり始めます。

最初は小さな違和感ですが、積もり積もれば喧嘩や別れの原因となります。

 

同じサイズの同じ種類のボールを返す。

これは人間関係を築くうえでとても重要です。

 

突発的に返事を返すのではなく、気を付けたいものです。

 

ボケるにしても、相手がそれで大笑いしてないなら違うボールを投げ返してきたと受け取られるだけです。

 

私もそうです。

気を付けます。