夢に人偏を付けると「儚い」となる。

つまり、人が夢を持つと、それは「淡くて消えやすい」って事にもなる。

なので夢は夢でしかない。

叶えるモノではない。

 

叶えたいのなら消えてしまってはいけないし、淡くてもいけない。

 

私はよく言う「願いは絶対に叶う!」と。

すると「お金持ちになりたい!!って思ってますけどね」と言われます。

なので「それ、しっかりイメージ出来てますか?」って言います・・・

 

けやき整骨院へ来ていただいてた時、「この後、どうするんですか?」って聞きます。

すると多くの人が「帰ります」って言います。

「その帰り道、分かりますか?」って聞きます。

「はい」と答えられます。

「家の玄関、どんな感じか分かりますか?」

「はい」

「部屋がどうなってるか?分かりますか?」

「はい」

「どこに座りますか?」

「部屋のソファーです」

「それ、絶対に叶いますね♪♪」

 

詳細までイメージ出来る事は絶対に叶います!

しかし、イメージ出来ない事は叶いません。

つまり、あなたが私(大槻家)の家に帰る事は絶対にありえないのです!

イメージ出来ないから!!

 

夢を持つと小学生時代に教わりました。

中学生や高校でも「将来の夢」と聞かれたはずです。

日本の教育現場では【志】と言う言葉は使ってはいけない言語になっているそうなので・・・

なので私たちは淡くて消えやすい夢を抱かせる様に教育させられてきました。

なので将来に不安を持つ人が多いのです!!

 

将来に不安を抱いてる方。

それは夢を持ってるからです。

 

今こそ、あなたは【志】を立てる事です!!